2013年01月09日

持ち帰りラーメン

今日煮干し鶏とんこつラーメンを作りました。

持ち帰りラーメン用に冷凍したので

明日、試食していけそうなら販売します。

後は鶏しょうゆラーメン。

これは何回か試食しているのでいけると思います。

それと、魚介ラーメン。

店の魚介とりとんより

魚介を控え目にしてとりとんを強くしたヤツです。

これもたぶん大丈夫だと思います。

明日、試食後にブログ更新し

電話受け付けします。

興味のある方は見ておいてください。

posted by せぐ at 18:38| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粗製海水塩化マグぴょん

僕らのような

化学調味料を使わないお店は

使う調味料の原材料の確認は必須です。

僕はまだまだ勉強不足ですが

意識して、日々精進している次第です

勉強になるのは

自然食品のお店のはまださんに話を聞いたり

菊水ファームのしみずさんに話を聞いたりすることです。

が、現実はお互いなかなか時間が取れなかったり、合わなかったり。

はまださんとはお酒を飲むと違う話になったり。

はまださんは以前、自然食品(表現あってる?)を作る会社に勤められており、

そんときの話も面白かったり参考になったりするのです。

同じ化学調味料不使用のお店の根幹たる考えは違えど

目的は同じなお店は

まだまだ少ないです。

先日は医食同源と書かれたお店で化学調味料の味がなかなかな料理を食べました。

まあ、これは医食同源という考えには嘘ではないのですよね?

どうもイメージが先行してしまい

無化調と思い込んでしまいがち。

と、まあ話は逸れましたが

僕は使う調味料は

化学調味料不使用ではなく

食品添加物不使用でありたいと思っています。

細かい考えはたくさんありますが

単純に自分らしいものを使うと言えばまとまります。

で、見慣れない言葉があると

食品添加物と判断しちゃったりします。

あ、酒精は食品添加物ですよね?

これは違うと言う人が結構います。

ただのアルコールやから

とか

火を入れたら飛ぶ(←既に論点変わってる)

とか。


で、

醤油に

粗製海水塩化マグネシウム

と書かれていました。

なので、買ってはみたものの

使わず封印されていたのですが

*印で「にがり」のことです。

と書いてあった。

しかし、粗製海水塩化マグネシウムと

表記すると言うことは

食品添加物になっちゃうわけ?

とか考えて…

でも、塩作りの体験に行って

目の前でにがりができる行程をみたら

元はただの海水だったしとか思ったり。

と、まあ

ここはもう一度

あの醤油蔵に行って聞いてこようと。

二人の知り合いがたまたま教えてくれた醤油蔵で
行った当初は他の商品を一通り見て

歴史はあるけど

どういうこだわりが商品にあるかまでは解らなかった。

でも、岐阜のたまり醤油の蔵もそうだった。

良さが解って使えるまでに半年以上掛かった。

この醤油はにがりが入ってないのもあるし

もう一度足を運び、話が聞ければ嬉しい。

それだけで勉強になる。

それがもし使えるようになれば

喜びとなる。

となると場所は香川県。

京都に帰るのと同じくらいの場所やし

無理なく行ける。

そして、あのお店にリベンジだわさ。

posted by せぐ at 11:21| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。